みずきちの甘め日記。

南の島の高専でぷよぐやみんぐ!

高専生を採用するなら高専カンファ?

高専カンファレンス in DMMに行って、高専生を狙い撃ちして採用したい企業にはすごくいいイベントだなぁと思ったのでまとめる。 

 

 

 

・現役/進学した大学生・院生に向けて
→発表でインターンの紹介をすると、食いついてくれるかも

→求人にも興味を持ってくれるかも

大学院を辞めて、就職したい・・今すぐコード書きたい、技術的なことを趣味ではやってるけど、仕事でもしたい!って技術的にイケている人が稀によくいる。

 

・OB OGに向けて
中途採用ができるかも

意外と職を求めているOB OG多し。

ヤバめのスタートアップに入ったorブラック企業で働いていて、楽しく働いている別のOB OGに会うと、転職したいなあって気持ちが高まります。

 

LTで企業のことを話すなら

DeepLearningネタ、ブロックチェーンネタはブーム

開発をするときのチームマネジメントとかの話は学生にはできなくて、企業にいる人にしか話なので、食いつきがいい

e.g. アジャイル開発とか・・ KPTとか

UXの話とかもウケがいいかも。

 

もし高専生を狙い撃ちするなら
高専カンファレンスに行くOB OGに弊社のサービスステッカーを渡して、配り歩いてもらう

高専カンファレンスで発表するOB OGに求人情報をスライド末尾に入れてもらう

高専カンファレンスで発表する内容で企業でしかできない技術的なことを喋ってもらう

高専カンファレンスで企業スポンサーをやる

→会場を提供する

 100人以上集まる、首都圏でのカンファレンスでスポンサーをやると、企業スポンサー枠で確実に話す権利がもらえます(通常発表は倍率高い)

 

ソーシャルコーディング時代のプログラミング

https://speakerdeck.com/a_matsuda/social-coding

 

オモシロ!と思ったことをまとめ

 

ソーシャルコーディング時代のプログラミングとは?

プログラミング言語を使って、人間に対して語りかけること。

おもったこと

2020年から、義務教育でプログラミングをやる人は、これを頭において教えると幸せになれる(っていうのを福野さんが言っていたような)

 

このときの言語というのは、

コミュニケーションの手段である

その言語の一つとして、プログラミング言語がある。

このときのプログラミングは、文芸、著作活動、芸術創作につながる。

そして、その言語は、人間にフォーカスした言語であるべき。

 

 

プログラミング言語をそんな感じで考えるって面白いかも

 

夢日記 2018/8/12

受付電話を取ったら、エンジニアの上司の名前だけで、

「○○を出してください」

女の人だ。ちょっと怒気を含んだ声に、ため息が出そう。こういう事務的じゃない電話はキライ。

 

確認のため、お名前と御社名を聞いても、お名前は答えられるけど、御社名は答えられない。アポのお時間を聞いても「えっ..と」といって適当な今の時間を答える。うちに来る人はみんな00分でとっているはずだけど、こんなイレギュラーなことがあるんだろうか..無さそうだけれども。

 

「私の名前を言ったらわかるから!出してちょうだい」と。語気の強さに少し受話器離したくなった。この人怒ってるの?なんで?

そもそも、上司はこの人とほんとにお約束をしていたの?

上司のスケジュールを電話を肩と耳で、挟んで確認する。やっぱりアポなんて入ってない。おかしい。この人は何をしに来たんだろう。

何かしらのクレームを直接言いに来たのだとしたら恐い。名前の上がった上司が近くにやって来て口パクで「どうかしましたか?」と尋ねる。新卒の電話対応を気にかけてくれている先輩がよんでくれたのだろう。その先輩も私のとなりのチューターも心配そうにこちらを見ていた。いつも心配をかけて申し訳ないなぁ...

 

電話メモを取っていたペンで、書き取ったお名前をトントンとして、ご存じですか?と目で訴えてみた。

すると上司は声に出ない声で え。

固まった。

(いないと言いますか?)と、メモにペンを走らせた。そして、上司を見る。

上司は大きめに頷く、ちょっと顔色が悪い。

承知しました!と目で返事をして、小さく気合いをいれた。電話口のこの人に嘘をつかなければならない。

媚びるような声を出して、こう言ってみた。

『申し訳ございません。○○なのですが、本日はすでにフレックス退勤しておりますが...』

「どういうこと?社内にはいないってこと?」

ヒートアップしているのが伝わってくる。

『そうでございます。』

「どういうこと..!ちょっとかわって!」

新しい女の声に変わった。

「○○はいないの?」

この人も怒ってる気がしてきた。

『はい。退勤しております。申し訳ございません。』なるべく申し訳なさそうな声を出せただろうか。

 

電話の先で2人女の人がもめている。

あんたが会社にいるっていったんじゃないの!

家にはいなかったから、会社かと思って!!

受話器を耳から離して見つめる。どうしたらいいのー!見つめても電話口の人は電話を切ってくれない。

隣にいる上司が目で、ごめん。と言っている。

 

『申し訳ありません、いかがいたしましょうか..?』電話口に訴える。どうもこうも、しない。

「...いい、帰るから」電話口の人が答えた。

なるほど、帰ってくれるのね。それはありがたい。この電話を早く切りたくてたまらない。

『お力になれず、申し訳ありません。』

そう言っている間に、切れた。

 

電話。

 

上司が顔をおおって、ふーと座り込んだ。

私にしか聞こえない声で、「ごめん。たぶん、元カノと元々カノ」

なるほど、モテる男は大変ね。

 

 

 

ちょっとリアルな夢だったので、起きたときびっくりした。

おはようございます。

 

 

夏の宣伝系まとめ

#Nomi-Tokyo Kosen13's 日程未定

8/31(金) excite open beerbash & LT会 #04

9/1(土) Kosen13's Newbie's Off-meeting

9/22(土) 

落合さんの個展行ったメモ

『落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然』に行ったので、メモ。

落合陽一の近作・新作が一堂に! 「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展開催|MAGAZINE | 美術手帖


いつも原宿か明治神宮前駅で降りるので、はじめて表参道駅で降りた。
お高めのブランドが並ぶ道を歩いていると、個展への期待値が上がっていく気がしていく。

銀座はアジア人しかいない、少し騒がしい街だと感じたけれど、表参道は人もあまりおらず、落ち着いている雰囲気を感じる。平日の夜だからなのかはわからないけど。

 

会場にたどり着くと枯れて折れてきそうな木がお出迎えしてくれた。


f:id:shimamiz_m:20180731203804j:image

この木の向かいの控えめな入り口から入ると、スマホカメラには映せない、きらきらした、サカナの鱗がお出迎えしてくれる。
鱗が大きく近くで見れるので、サカナの群れに巻き込まれた感覚があるような..

 

近くで見ても遠くで見ても、楽しい作品だったので、また見れる機会があれば、ぜひ生で見てほしい。
生でみたときの、質感はやっぱり違うはずなので。

 

 

個人的に、面白かった作品をピックアップ。

Morpho Scenery

f:id:shimamiz_m:20180731203821j:image

凸レンズの目の前に立って覗くと、目の前の風景がいつも目で見ているときと変わった世界になる。

外の風景まで作品として一体化している作品。これ好きだなぁと。

 

3DCGでよく用いられるウサギのモデル

f:id:shimamiz_m:20180731203748j:image

ちょっと懐かしい気持ちになる


うねうねが回るやつ

f:id:shimamiz_m:20180731203724j:image

ちょっと神秘的すぎてわからなかった。
けど、キレイだった。


落合さんの個展を知ったきっかけは、この研究室に所属してる人に知り合いがいて、インスタに準備の様子をあげていたからだった。

会社終わりにふらって行けて、そこまで重たくないボリュームで、しかも面白い個展に行けてよかった。
沖縄だと、こうはいかないから。

 

メディアアート。ハマるかも。f:id:shimamiz_m:20180731203945j:image

就業体験型インターンVS開発合宿型インターン

もうすぐインターンの季節なので、しゃかいじんになった今

2種類のインターンの良し悪しについてまとめるぞ。

地方から短期インターンした感想であって、長期インターンとかはあんまり考えてない

 

みずきちのインターン経歴

2016年8月-9月(3週間):jig.jpで開発合宿型インターンをした

↓のような記事書いてる

shimamiz-m.hatenadiary.jp

 

2017年8月-9月(2週間):内定先で就業体験型インターンをした

就業体験型インターンVS開発合宿型インターン

自分的に就業体験型インターンを定義する

・実際の業務の一部を体験する

・実際の現場の人と一緒に業務をやる

・現場の人と一緒にMTGとかも参加してみる

・現場の人と同じスケジューリングでうごいてみる

 

開発合宿型インターンも定義

・与えられたテーマに沿ってインターン生でなにかを開発する

インターン生だけでなにかをやる

インターン生だけでMTGすることが多い

インターン生だけのスケジューリングで動くことが多い

 

それぞれのよさは?

就業体験型インターン

・実際の業務を体験できる

これが本当に大きい

真剣にこの企業で働きたいなぁって考えてるときにはすごくいい。

 

・実際のチームのメンバーとして働く体験ができる

先輩たちの様子も見ることができるので、自分が働いたらって想像がしやすくなってありがたい。

 

開発合宿型インターン

インターン生と仲良くなる

テーマに沿って成果物を出すためにインターン生で組んだチームで動くので、チームメンバーのインターン生とは仲良くなってしまう笑。

・課題に集中してコミットメントできる

就業体験型インターンより、成果物を完成させることに集中できる気がした。就業体験型は、先輩たちの様子とかも見たいし、実際働くことを想像しながらやるから、そっちにも考え時間をもたせたくなる

 

じゃあ悪い点は?

就業体験型インターン

私は内定先でインターンをしたので、就業体験できてよかったけど、とくに入りたい企業でもなかったときに、こういう体験してもあんまり意味なさそうだなぁって思ったりする。

沖縄高専インターンが必修単位なので、そういうインターンを選んでしまって、夏休みのインターンつまらんかったって思う人もいそう・・

 

就業体験型をするなら、働きたい企業選んだほうがよさそう

 

開発合宿型インターン

実際働いている様子がなんにもわからんw

オフィス見学とかはするし、チューターで社内の人がついたりもするけど、その人達としか交流しないし、スケジュール感も全然わかんない・・

 

就活が絡まないうちのインターンならよさそう。

 

まとめ

インターンの思い出ってすごく残ってるし、就業体験型インターンの方は、働く心構えとかもしっかりできたので、自分にあったインターンを選んでいこうな!

 

ほんとに入りたい企業なら、採用に直結するインターンを選ぶのもよしだと思う~

 

楽しいサマーインターンを送れることを祈ってるよ~

U-18 ゲームコンテストついーとまとめ

みずきちです。

今日ここの大会に遊びに行きました~!

後輩のぽてとを応援しに行ったよ~

 

 

プレゼン開始

1人目 モンキーミラー

 

2人目 回一首(まわりっしゅ)

 

 

3人目 FooDefense

 

4人目 

結局ゲームなんだったか覚えてない・・・笑

 

5人目 Iridescent

こちらスマホゲームにしたらよさそう感があった!

 

6人目 PERVERSE

一番面白そうな人たちだったかも

 

7人目 なんで僕だけこんな目に

 

8か9人目 伊邪那岐

厨ニ感がはんぱない(いい意味で)

 

?人目ツイートできなかった!!!

 

10人目

 

 

11人目

 

12人目

 

 大会の印象

と思ったら、運営側からプレゼンのフォーマットが出ていたそう。

あんまりゲームのことを詳しくプレゼンさせるようなフォーマットではなかったから、フォーマットとか無視してもよさそう。

 

質問の段階、プレゼンの段階でトップ通過とギリギリ通過のラインは引かれていたような気がします。

 

全体的にまだアットホームでゆるふわな雰囲気で大会が進められていっているのがいいところ。プレゼンターの顔も近くでよく見えます。

 

ゲームの印象

時代はスマホゲームだと思うので、PCゲームでなければいけない理由がないなら、スマホゲームで作ったほうがわかりやすいのになぁと思いました。

あとはVRゲームとかチャレンジングに出てきてもいいのになって。スマホMR使うとかね。

 

プレゼンの印象

ぶっちゃけ高3の年代の私のほうができたなって思ってしまいました。

つまりもっとブラッシュアップするところがいっぱいあって、伸びしろがあるということだね?!

 

厨ニ感を個性として残しつつも、ゲームのことを詳しく説明しないとぜんぜんわかんないよ~~~!と思うところが多く、そういう意味では、小学生の方が聞きたいことに応えられていた気がしました。

大人になっていくうちにストレートでわかりやすいプレゼンができなくなるのかなぁ…

 

予選結果をまとめたよ~

発表前はドキドキですね。

結果発表はプレゼンした順に行われました

 

 

ほんちゃんの東京ゲームショウ楽しみだっ!!!

 

 

ツイートだとながれちゃうので、まとめた。

今回が第一回目の大会ということもあり、個々のレベルは伸びしろがありそうだったけど、それぞれゲーム自体の完成度としてはまだまだそうな雰囲気。

きっとあと5年はめちゃめちゃブルー・オーシャンそうな雰囲気なので、ゲームの完成度とプレゼン力で殴れば、予選突破をもぎ取るのは難しくなさそう。ゲーム作るくらいの子なら、個性も十分なはずだし、個性を生かして素敵なものを作って欲しいですね。

ほんちゃんの東京ゲームショウ…見に行きます!