たぶん、いま、冬季うつ

たった2日、土日に家に引きこもっていただけで毎年のように冬季うつっぽくなってしまう。「っぽく」と書いたのは、診断を受けていないから病名として正しいかはわからないということ。

 

今年は久しぶりに酷くって、1ヶ月の中で

土日おやすみで引きこもり

月曜日、午前休

火曜日、全休

水曜日、全休

木曜日、午前休

なんてひどい状態になってしまった。

 

1週間で仕事が出来ている日がほとんどなかったに近い。やる気がないんじゃないの?サボりたいんじゃいの?と言ってしまえば否定は出来ない。そもそも全てにおいてやる気がなくなるから。今の家の状態はひどい。洗濯物はたまっているし、お茶碗洗いには手を付けられていない。他にもあるけれど、ちょっと酷すぎるので書くのも恥ずかしい。

一生寝ていても足りないんじゃないかと思うくらい、眠気が襲ってくるし、連絡手段から目を背けるから、人付き合いが出来なくなる。

ここ最近は、鬱々とした気持ちに飲み込まれないように、死んだように眠っていた。目を閉じていれば何も考えないでいいような気がしたから。

 

毎年のように、「そういえば自分は冬はメンタルがだめになりやすいんだった」と発症してちょっと落ち着いてから自覚する。

自覚するのは、大抵晴れの日が2日続いたようなとき。ちょっと外に出れただけで、気分とやる気が回復して、次の日は外に出れることが多い。

そのときに「あ、もしかして今年も…」と思う。

 

わたしが冬季うつだと自覚したのは18歳のときだ。

寮から実家に帰って部活で使う資料を作っていたら、家から出なさすぎて発症した。ばちばちの思春期がぶり返してしまい、親と先生に泣きながらやつあたるわ、部活で出る大会に出る難しくなって、同期に出番を変わってもらうわで、思い出しただけで最悪。家に引きこもっている間では、何も出来ない自分は生きている価値がないんじゃないか、いっそ死んだ方がいいんじゃないかとずっと考えていた。

 

その次の年は、また長期の休みの日に家から出なくって発症。鬱々としすぎて出た方がいいはずの大会に出たくなさすぎて、ストレスで死にそうになっていた。そしてシリコンバレーに行っている最中に爆発した。大会の予選発表に落ちてめちゃくちゃに泣きながら、シリコンバレー実習をこなして、メンバーの一人にすんごく迷惑をかけたのを覚えている。この年に出た大会は、なんとかなだめられて出た思い出がある。

 

そして冬が終わり日照時間が長くなり、大会が終わってストレスがなくなり、学校に行けるようになって外出が増えるタイミングが重なり、冬季うつは終わった。あんなに出たくなかった大会が「まぁ行った方が経験と自信になるよね。楽しかったし」なんてケロっといい思い出に変わるのだ。

この気分の変化を考えると恐ろしい気持ちになる。

 

その次の年は、卒業旅行やら引越しやら、ご飯会やらなんやかんやで外出していたので、発症しなかったが、社会人になって1年目は、やらないと終われない仕事に追われていたからか、これまたメンタルが死にそうになりながら仕事をしていた。仕事の調子は夏の方が絶対によかった。

 

そして今年は上に書いた通り。使い物にならない自分が恐い。でもそれを考えると何も出来ない自分に価値がない気がして死にたくなるので、考えるのがもっと恐い。

 

日光にあたる時間が長くなれば解決するのだろうし、活動的に外出していればなんとかなるのかもしれない。でも毎年のように寒いから、雪が降っているからと、それを忘れては冬季うつっぽくなっている。

これ以上書いていたら、自分を責める言葉しか出てこなくなったので、やめることにした。

 

今週は引きこもらないで外に出ることを約束する。

オフシーズンは得られた経験を整理してみよう

アドベントカレンダーの時期ですね。

今年1年の活動お疲れ様でした。年度末はもう起業家系の大会だけになり、ICT全体にオフシーズンの雰囲気が流れる気がします。

 

オフシーズンというと、この期間にダレてしまう人もいるかもしれないですが、わたしは大会期間中に自分に足りなかったものを学ぶ時間にしたりとか、とことん悩んで心が死にかけたり笑、とか「自分のため時間」を使えるのが今、思い返すと好きでした。

この期間に至るまで、オンシーズン中はすごくいろいろ頑張ってきたし、頭を整理する時間もなかったと思います。

 

落ち着ける期間があるときこそ、これまで自分の得られた経験を整理して、自分について、クリスマスケーキと年越し蕎麦と、おせちとお餅とえーーっと(食い意地をはりすぎ)いろんなものを食べつつ、まったり考えてみるのもいいかなぁと思っています。

  • オンシーズンを走り続けてきたときの今の状態は?
  • 今年得られた経験は自信になる
  • やってこれたのは周りに頼れる人がいたから
  • 得られたものを見つめ直して整理してみると
  • 来年にむけてのエール 
続きを読む

kosen13'sのSlack運用事情

コミュニティのSlack運用ってどうなっているか気になるんで、ひとまずkosen13'sのSlack運用についてどうなっているかを共有してみる

1.general random みんな入るところ randomでは募集かけたり質問したりする

 

2.event 大きめのイベントに参加するときの呼びかけに使う。カンファレンスとか

 

3.off-meeting LT会などkosen13'sが主催するイベントに使う
  派生して、nomi-tokyoができた


4.nomi-tokyo eventから派生した月イチで関東勢が飲み会を開くときに使うチャンネル。
  参加は自由だし、飲めなくても参加OK みんなでスマブラしたり、沖縄料理食べたりする
  →参加人数と日にちが決まるとprivateチャンネルに切り分けられる。
  (待ち合わせ決めたり,お店決めたり、当日喋ったりする)

 

5.travel ちょっと長めにおでかけする人を探すときに使うチャンネル
  日帰りスキーに行った
  →参加人数と日にちが決まるとprivateチャンネルに切り分けられる。
  (待ち合わせ決めたり,お店決めたり、当日喋ったりする)

 

6.sabori
  仕事、学校、バイトに疲れたときにサボるためのチャンネル 一番活発

 

7.service
  Slack連携したりしたときに使う(動かず)

 

8.その他
  meshi(ごはんの写真をupするチャンネル)/cat_bot(:cat_botとかくと猫の写真を見せてくれる)
  recruit-info(就活用チャンネル)
  その他勉強用チャンネルがある

 

ざっと振り返ってみて。

publicになっている勉強用チャンネルは、あまり動いていない悲しみがあります。
一応高専の集まりなのだから、みんなでなにかやってみるのもいいかも?
期間限定だとSYVをやってみたりなどあるので、期間限定の学習イベントをまた企画したいお気持ちです。
SYVは、自分は習慣化したので良い習慣に結びつくなにかを提案できたらと思います。

ほかのkosen00'sのSlack事情も気になりますので、ぜひ教えてください〜〜!

逆求人にいく全高専生に送る、好印象持たれやすいコツ

この記事は高専IT系部活 #kosenit Advent Calendar 2018の2日目に投稿される予定だった記事です。

qiita.com

IT系の部活に所属しているみなさんこんにちは!
沖縄高専ICT委員会卒業生のみずきちです。

 高専での活動は過去のブログをみてね💖

shimamiz-m.hatenadiary.jp

 

IT系の部活に所属していると大会に出ますね?

大会に出たら、何かしらの経験・実績をつめるはず!その経験・実績をうまくアピールして、高専を卒業した後も、ずっと楽しく素敵な場所で「ものづくり」に携わってほしい...!

(自分で作っちゃうのもありかもだけど、今回は企業に入るのを応援する話。)

 

そこで積極的に活動できた皆さんの就活するときにお役に立てればと思い、この記事を書いています。

 

この前、逆求人に初めて企業側として参加しました!

私も逆求人がきっかけで、今の会社に採用されたので、すっごく懐かしい気持ちで参加👏ちょっとシステムとか変わってて面白かった〜笑

 

私が逆求人に出てた回では、企業さんからプロフィールシート段階で、2位の指名率・
全タームがうまる、面談後もありがたいことに悪くない評価をいただけていた記憶・・・

(ES免除とか、インターンの面接免除とかとか色々なお誘いを受けた)

 

結構気を使って、シートを書いたり、面談をしてたから、いい結果をいただけていたのかも?なので、気をつけていたことをまとめます!

今から逆求人で就活する人が、素敵な企業様と出会えますように...!

(*うちの会社とは関係なく、汎用的なアドバイスです!)

(*今回あった学生さんとは関係なくみずきちが実際に気をつけたことです!)

 

プロフィール作成の注意点

・顔写真
 

履歴書の写真△カタイかなぁと思ってそうじゃないものにしました。
なるべく笑顔でマスクとか顔隠さないで、映ってると好印象🙆

全身画像より顔写真!

 

会社のタイプ
 

こだわりなくはなかった、私すっごい企業選びこだわったよ・・・

もしない人は、友達とかと相談して、言語化してみて。
ここがかけない人は業界分析ができていないかも。
逆求人であった企業さんがいくら素敵でも、自分の基準がないと「ビビビ!」って直感でこないので、ある程度分析しておくと🙆‍♀️

(e.g. 自社開発の企業/社内のエンジニアも企画と相談しながら、企画出しできるところ)


・フリー記述・インターン経験

定量的に→どのくらいの期間・どんな人数で・なんの言語で、なんの役職をしたか、どんな結果が出たかを明確に。

e.g.

パソコン甲子園2014 モバイル部門グランプリ
・テキパキッチンというAndroidアプリを制作
・パスタ、スープ、サラダという複数のレシピを同時進行で、作ることができるようにレシピを並べ替えたものをユーザに提示するアプリケーションを作成。
・開発期間:半年 開発人数:3人 開発言語:Java やったこと:レシピの手順並べ替えのアルゴリズム部分を作成


定性的に→どんな経験ができたかをちゃんと書いていると好印象。

e.g.

学べたこと:ユーザが実際に動きやすい手順になるように、ヒアリングや観察を重ねアルゴリズムを作成した。それにより、違和感のないレシピが完成した。


一言もしっかりかけてるとわかりやすいから嬉しい。

お?と思うキャッチをつけるようにする。

e.g. 日本一をとったアプリ開発経験

 

フリー記述欄の写真

ものや人がはっきり写る写真を選ぶ!

 

フリー記述欄・インターン

とりあえず自由な記述欄とかは、写真とか文字とかしっかり埋めないと他と比較して埋もれるよ
あとネガティブな言葉使っていないか、先輩or先生に添削してもらってくれ〜(自信なさげに見えるといくないって教授に言われてから、そこすっごい削った)

 

あと重要なのは、参加する逆求人の企業さんにプロフィールを送る日付を、逆求人のお姉さんに確認すること!

もし、書きかけのverを企業さんに送ることになってしまうともったいないです!!

 

今回企業側として行ってみて思ったのは、
自分のキャラがプロフィールシートにも出てきてるなってこと。
キャラは絶対に変えられないものなので、
そのままのキャラで、いいイメージを持ってもらえるようにシートの書き方を素敵な文章に変えるのをを目指すとベスト🙆

 

資料づくりのコツ

5分で自分を説明しよう!

(ジースタイラスから来てたメールでは5分程度と書かれているので、ちゃんと守ると面談がスムーズだった!🙆)

自己紹介と、定量・定性で自分がやったことをプロフィールシートをもとにして書く!

企業に聞きたいことを事前にリストアップしておくと、会話が続きやすいかなぁと思ってプレゼンにまとめておいたよ。

タイトルは、自分を表せる一言をつけると💮

私が作ってた資料がわりとわかりやすいのでぜひ参考にしてみてね👏 

docs.google.com

 

大事なのは、事前に詰まらないで喋るように練習すること!面談の時間は決まってるので、スムーズに、手短に、自分を伝えられるように練習しよう💪

私は、チューターをしてくれたお姉さんに何度か練習に乗ってもらって、アドバイスもらってたので、バッチリでした!

 

当日の服装

格好は清潔感を出す🙆

男子は髪の毛がメガネや目にかからないようにするといいかも!👓♡

私は、当日気合入るように赤の服着ていったけど、結構目立ったのでおすすめかもです。

 

 

名刺交換

学生側から声かけちゃってOK! 

私は取りあえず捕まえてみてました。具体的には「おはようございます」と声をかけるだけ(笑顔でね!!)

このタイミングで、学生側から声かけておくとあとでプッシュタイムに挨拶+資料とか謎にグッツを頂いたり、ちょっとモテますww

 

業界が合いそうだなって企業さんが多い回に出たりすると、全員とは面談できないので..面談するか迷ってる企業さんからの優先順位がぐっと上がる⤴

私の場合はすごくいい指名率で、当選できませんでしたという企業さんが2社ぐらいいたので、1社は後日面談しました。

 

向こう側からの面談の申請が増えるので、ぶっちゃけ微妙な企業さんと合うこともあります。でも、志望じゃない企業さんのパンフレットを見たり、面談してよかったことは、選考に乗った時に志望の企業を何故選んだか的確に説明できるようになること。

他の企業と比べて見るのも就活では重要なことなので、この機会に情報をいっぱい得る!って決めておくと、後悔と疲れが少ないかな。

 

面談

自己紹介をスムーズに済ませたら、企業さんのお話を聞けるはず。
素直に話を聞いて、対話をすることを心がけよう!

 

聞かれたことを、正しく答えるのが重要..
高専生って、つい聞かれたことに正しく答えなかったり、自分のことばかり話したりしてしまうので..笑

そこが熱意が伝わっていいところでもあるけれど、初めて会う人とお話するときは、相手の話を聞くことも心がけてゆくと、好印象です。

(でも面談ずーっとしてると疲れちゃってたから、おやつがんばって休憩中に食べてたぁ笑)

 

終わったら

選考に進みたい

もうちょっと調べたい

ここは行かない

の気持ちの順番で、お礼メールを送っていったよ

内容のアツさもこの順で書き分けていくと🙆

 

選考に進みたいものは、当日中に送ると熱意も伝えられるのでGood♡

飛行機の中で一生懸命書いてた笑

出来るならオフィスに訪問する日取りまで、アポを取れるといいと思います。

(興味のない企業さんから熱烈なメールが来たらどうするか...
だれかいい方法あったら教えてほしいですね。私は数回返して、内定出たのでごめんなさいメール送りつけたことありますがあれ、よかったのかな...)

 

終わりに

ここまで逆求人にでる時のコツを紹介してきましたがいかがでしたか?
高専プロコン/ jig.jpのインターンシップ/パソコン甲子園/数々のビジコンでせっかく得た経験を、伝えられないともったいない!!!
これから就活スタートする人も、まだまだな高専生もこれから素敵な企業に出会えますように..!

 

1日目の記事は福野さんの記事!

fukuno.jig.jp

3日目の記事も福野さんの記事!

fukuno.jig.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

元キラキラ高専生は今はキラキラか?

この記事はkosen13's アドベントカレンダー2018の1日目の記事です。

https://adventar.org/calendars/3258

 

このアドベントカレンダー

2013年に高専に入学した仲間がこの2018年に社会人、専攻科生、大学編入生、まだ高専にいるかもなkosen13'sのメンバーが、今いる新たな環境についてや、これからの目標や、ときにはネガティブなことも共有するためのアドベントカレンダーです。

 

一発目はまごうことなき、元キラキラ高専生、みずきちです。(過去のブログみたらホントに色んなことさせてもらってて感動した)

キラキラ高専生と胸をはって、生きていた私は、今、Web系のエンジニアとして就職して結構楽しく働いております💪💪💪

 

沖縄高専の先輩には、ホントにエンジニアできてんのwwって心配されることもありますが、しっかりコード書いて、ちまっと設計とかもさせてもらえて、Pさん、デザイナーさんとも、頑張って連携しつつ、エンジニアとして駆け出している!🙆ちゃんとエンジニアやってるよ!!!まぁ技術的にはもちろんまだまだなので引き続き頑張っていく予定ではある。

 

==

 

今日、逆求人があってもちろん初めて企業側として参加させてもらったのですが、

あーそうか2年前は就活してたんだなぁとちょっと感慨深い気持ちでブログ書いてます。

学生と面談する中で、なんでエンジニアになったんだっけ?なんでWebやアプリを選んだんだっけってのを思い出したので、働きはじめた、今、改めてなんで?の部分を、文字におこしておきます。

 

Q.なんでWeb/アプリの業界選んだの?

A.ユーザーに早いスピードでアプローチできるから!

実際、仕事始めてみて、まだちっさい仕事とかかもだけど、ほんとにすぐ表に出てたりすると、あーやっぱすごいなぁ、いいなぁってなる。

施策とかはまぁ練り練りしたり、長いスパンで開発もするけど、家電とかと比べると早いだろうし、実際やってみて、スピード感みたいなのは想像してたよりある。

現場にいて、今は、色んなアプローチしてるのを見てるのが多めだけど、自分でもやるのも見るのもたのしい~~

ページビューとか、とか、の数字に出てくるし面白い。悪いとへこむし焦るけども(実際は先輩とかがはわわ~ってなってるの見て、はわわ~ってしてるだけかも)

これは、もしエンジニアじゃない形になってもそのまま続けていきたいことだと思ってる!

 

Q.なんでエンジニアになったのか?

A.技術を使って、使ってくれる人のやりたいことを解決したかったからが、大もとで考えてたこと。

で、エンジニアと共通の言語(意識的な意味あい)で、会話できるようになると、自分がやりたいなって思ったサービスとかが出てきたときに、エンジニアとのコミュニケーションと信頼がより出てくるかなって思ってるから!どうしても今なにかやるならエンジニアの力がいるから..

私が、技術理解できなくて...のボトルネックが少なくなりそうと思って、知識と手が動くようにエンジニアやってみよ~ってやってみた。

 

実際エンジニアを仕事としてやってみて、私は、技術をツールとして捉えいる。

何かを実現させるために的確な技術を使いたい。できればWeb・アプリのサービスでなにかやりたいから、そこの技術をさわってゆきたい。って気持ちだなぁって最近実感した。

 

この技術・言語をめっちゃ触りたい!!

こんなことがやりたいわけじゃないけど!

の人とはまた違う気持ちかなぁと最近思った。男子高専生はこっちが多いなぁって改めて感じてる。

(まぁ最新すぎる技術とかって何に役立つかまだ全然わかんない部分はもちろんある)

この人たちは、技術を芸術として捉えてると思ってる。もちろん芸術的な側面もあるけど、芸術的な部分では、私は興味をそそられないかもだ。

 

高専にいたときは、ずーっとエンジニアリングが苦手だと思っていた。

それは、周りのレベルがすごすぎたから何言ってるか意味わからんとかの要因もあったかもだけど、技術の捉え方が自分とはあんまり合わなかったのかなって思った。

でも、その技術に特化するという意味では、技術特化したいって人の熱量には勝てないなぁと思うから、スペシャリストになりたい人は芸術として捉えてるのがいいのかも。私はスペシャリストにはなれないなぁというのも社会人なってみて改めて思った。

 

==

実際エンジニアとして、社会人として働いてみて、キラキラ高専生だった私は、まだまだキラキラを捨てていません!!笑

高専生だったときにやりたかったことを、今やってて、これからもやりたいし、むしろやってみてアップデートされている🙆

し、新しく挑戦したいなって思ったことも出てきた🙆🙆(また空いてる日にでも書く)

 

自分のスキルのなさ、気の回らなさに落ち込むこともあるけど、まぁまだみんな20歳なので。

ひとつひとつやれることを頑張って増やしてゆきましょう🙆

 

1日目滑り込みセーフ💪

http://roadagain.hatenablog.com/entry/2018/12/02/221316

 

高専生を採用するなら高専カンファ?

高専カンファレンス in DMMに行って、高専生を狙い撃ちして採用したい企業にはすごくいいイベントだなぁと思ったのでまとめる。 

 

 

 

・現役/進学した大学生・院生に向けて
→発表でインターンの紹介をすると、食いついてくれるかも

→求人にも興味を持ってくれるかも

大学院を辞めて、就職したい・・今すぐコード書きたい、技術的なことを趣味ではやってるけど、仕事でもしたい!って技術的にイケている人が稀によくいる。

 

・OB OGに向けて
中途採用ができるかも

意外と職を求めているOB OG多し。

ヤバめのスタートアップに入ったorブラック企業で働いていて、楽しく働いている別のOB OGに会うと、転職したいなあって気持ちが高まります。

 

LTで企業のことを話すなら

DeepLearningネタ、ブロックチェーンネタはブーム

開発をするときのチームマネジメントとかの話は学生にはできなくて、企業にいる人にしか話なので、食いつきがいい

e.g. アジャイル開発とか・・ KPTとか

UXの話とかもウケがいいかも。

 

もし高専生を狙い撃ちするなら
高専カンファレンスに行くOB OGに弊社のサービスステッカーを渡して、配り歩いてもらう

高専カンファレンスで発表するOB OGに求人情報をスライド末尾に入れてもらう

高専カンファレンスで発表する内容で企業でしかできない技術的なことを喋ってもらう

高専カンファレンスで企業スポンサーをやる

→会場を提供する

 100人以上集まる、首都圏でのカンファレンスでスポンサーをやると、企業スポンサー枠で確実に話す権利がもらえます(通常発表は倍率高い)

 

学生のときは知らないぷち?福利厚生

みずきちです。

求人サイトには載ってないミニ福利厚生をまとめとく。周りの会社とかも聞いてて、『ほーこんなんあるんやぁって思った』ので。。海外とかのもいれとくね。

学生のときはこんなことあるって知らなかったので、知っておくとちょっとたのしいかも。

 

食べ物・飲み物

オフィスグリコ系→ちょっと安めの値段でお菓子が買える

・水→ウォーターサーバーがあったりする。普通タダ。

・その他の飲み物→ジュース、コーヒー紅茶とか飲み物がちょっとお安めか無料で飲める

 

・社食→あるとこはある。Y社とか美味しそう

・お弁当→社内にお弁当販売が来る

・自販機→飲み物が定価より安い

・社員がラテアートを入れてくれる→jig.jpで私がインターン行ったときはあったけど今はどぉかなぁ


f:id:shimamiz_m:20180504214716j:image

 

勉強系

・業務で必要なら勉強会の経費が出る

・業務で必要なら参考書代とかでる

・業務に関係ない本で、オフィスに陳列してる本が100円で買えるサービスがある

・英語留学がある会社もある

iPhoneとかのケーブルとかが社内の自販機で買える(Evernoteにあった)これ面白かったなぁ‥

 

遊び系

・会社の入ってる福利厚生サービスで、旅館とかごはん屋さんとか映画館のチケットが安くなったりする

 

・社内で休憩中とかならテレビ見てもオッケーな部屋がある

WiiUとかおいてるとこもある

 

健康系

・社内に常備薬がある

・マッサージサービスがある会社もあるらしい

・社内に常駐カウンセラーがいる

・社内に筋トレ器具がある

・社内にランニングマシンがある。

 →走りながら作業できるのは謎すぎたww。Evernoteにあったよぉ

 

まとめ

他にも面白いぷち?知られてない福利厚生あったら教えて〜(ㆁωㆁ*)

交通費支払いとか、家賃補助的な福利厚生に目が行きがちだけれど、こういうぷち福利厚生も従業員のことを考えて取り入れてるんだなぁって思うと、もうちょっと頑張ろうって思うよねぇ(ㆁωㆁ*)

 

学生のときは知らなかったけど、会社に入ると面白い福利厚生とか部活があったりするよ〜