読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mizkiの甘め日記。

情弱という言葉も知らなかった情弱な女の子ががんばってプログラミングします!

アンチ高専祭マンの分類

 
 
2016年沖縄高専高専祭が終わってだいぶ経ちました!前年度は比較的Twitterで悪質な"アンチ高専祭マン"が多かった気がするのでそのアンチの分類と分析をしてみたいと思いま〜〜〜すイエーーーイ!!!!!
 
①意識だけ高いマン 
危険度 ☆☆☆☆
 
特性
高専なのに技術使っていかないと"高専"祭の意味がない!!
・面白い高専祭じゃないと参加したくない!!
・自分のやる通りにしたら、もっと素晴らしい高専祭になるのに!!
 
意識だけ高くアイディアだけをポンポン出して、何も考えてない人です。それならば「金は無いがどうするのか」「プロジェクトは誰が回していくのか」「君がスケジューリングすることになると思うがそれでもいいか」など、覚悟を問いてやればいいのかな?ん?
 
面倒だと思わずに、予算などのできそうな範囲内でチャレンジしてみたら、これまでにないオリジナリティのあるクラスの催しができるようになるかもしれませんね!!!
面倒かもしれないけどな!!!
 
 
②高みの見物マン
危険度 ☆☆☆
 
特性
高専祭とかダサいと思っている
・仕事はダサいからしたくない
・自分に見合う仕事ならやれる気がする
・進化したら意識だけ高いマンになる
 
 
意識だけ高いマンに昇天できないポイントはは具体的なアイディアがあるかどうかです。
口ばっか動かさずに動けよ!!!!案外高専祭のお仕事に関わったら楽しいとおもってくれる。天邪鬼なのね♡
 
 
③そもそもやる気ないマン
危険度 ☆
 
特性
・積極的に動かない
・しかし、流れに逆らうのは面倒くさいので、「やって」と言われればやる
・自分自身の意見はないので、勝手に決めてほしい
・シフトはきちんと出る→後で怒られるのが面倒だから
 
やる気のない人の中で最も多いのがこの分類だと思いますが、反対意見を言うのも面倒なので多数派に流される気がする。
特に実害はないですが、高専祭準備で忙しいときに目に見えて「ダルい。」だったりの態度を取られると苦しくなってしまうこともあるので、そんな時はやる気ないマンが見えないところに避難するのが大切な気がします。頑張って動け~~~
 
 
Twitterで目立ちたいぞ♡  金をクレクレマン
危険度 ☆☆☆☆☆
 
特性
・仕事させるなら金をくれ!
・今年のTwitterでよく見た人
 
高専祭は「やらせていただいている」イベントです。どこかと言うと、保護者や教職員や学校のスポンサー(ちゃんといるよ)です。
自分が当てはまると思う場合には、有志の屋台に参加するか、せめて高専在校生以外の人に感謝してください。
 
間違っても高専祭役員が役員以外の学生にやらせているイベントではないので、高専祭・クラスの役員は「自分たちはお前らのためにこんなに頑張っているのに!!!」という態度を目に見えて取らないことが重要です。そんな態度をしては「別に頼んでねーし!」と反発されるのがオチです。
落ち着けば、②か③に退化します。 ほんとに高専祭やりたくないなら、そういう手続きを踏めよ…
 
⑤役員の近く♡  アンチ炎上手助けマン
めんどくささ度 ★★★★★
 
特性
・「高専祭・クラス役員はこんなに頑張ってるのに!」
・「感謝しろよ!」
・「自分だけは役員のことわかってるの...」
 
このアンチへの炎上を手助けするように煽るタイプ。めんどくさいね…
今年のTwitterでは金をクレクレマンと空中リプを飛ばし合っていましたね!!
関係ない人からすれば「あーまたやってるよ」とうんざりです。
しかし、高専祭・クラスの役員からしてみれば、まぁ自分たちの味方ではあるようだし、悪気はなさそうだし…と注意しづらく大変面倒くさい存在でしかありません。感謝の押し付けNG!!!!!
 
自覚があるのなら余計なことを言わないようにするのが無難です!言いたくなる気持ちをぐっと抑えて
高専祭役員いつもありがとう♡」などの押し付けのない言葉に置き換えていこうな!!!
私はこんな他高専の人のツイートを見て浄化された。でもあんまり感謝しすぎると、ぶりっ子アピールに見えるぞ!
 
 
あとがき
高専祭、私は2・3年生の頃は大会で参加できず、ほぼ4年生ではじめて参加するイベントでした。イベントに出ずっぱりなのはバテるので、ほぼ「やらなーーーい」と言い張って、見たいものを見て食べたいものを食べて、手伝いたいところだけ手伝って、自由に動いてました。
 
しかしね、私は伝えたいことがある。
高専祭って、自分の意見も通りづらいし、大変かもしれない。
 
でも、自分がやりたいことにニーズがあるなら、先生たちがそれに答えてくれる。
2016年の高専祭は、はじめてICT委員会の展示を学校紹介のブースで行いました。ずっとこの強い部活のアピールを高専祭の展示に入れてほしかった!!!
 
高専に興味がある、在校生の家族・中学生・地域の人・高専に友達がいる人に向けて、学校の紹介がなされるブースでした。たぶん中学生・親御さんへのアピール度は絶大だったのではないかな…そうだといいな。好評っぽかったし。
 
高専祭が嫌な人は、クラス以外でも、有志の屋台・部活の展示等、活躍出来る場を自分で見つけてみる・開拓してみたらいいのでは無いでしょうか。
 
 
 
もし本当に、高専祭やりたく無い
なら、「学生の手引き」を参照に動いてみる。そんな覚悟も必要になってくるかもしれません。
実質リミットは予算が決定される、1回目学生会議会です。
 
 
高専祭やりたい人もやりたくない人も、次回の高専祭へ向けて動いて行きましょうね!!!

私が「やるべきこと」・「やりたいこと」なのか考えたい

19歳になったわけですが、この1-3月はメンヘラになりがち期間でした。
大会や就活って大事なイベントが重なっていたこともあって、精神的な余裕がなく、疲れの取れない毎日を過ごしたと感じています。
だからぽえみ~な記事だったりを出したし、闇堕ちしかけることも多々ありました。
 
これからメンタルを殺さないために気持ちの整理を一度付けておきたいところです。
 

なんでメンヘラになっちゃうの?

私のメンタルが特に弱いってこともあるかもしれない
けど普段いつもメンタルが死んでいるわけじゃないんです
大会とか精神的に追い詰められていくと余裕がなくなっていきます
 
大会に出ると「期待」ってやっぱりあって
自分でも自分に期待するし、先生からの期待だったり大会側からの期待だったりもある。
どうにかして印象に残さなければならないってストレスはだいぶ大きいと感じます。
 

例えば、最近のイベントからの振り返り

1月にあった就活イベントでは、「出てよ!」ってスカウトされて出ました
しかし東京にいくコストだったり、心の中に占めるストレスの割合だったりを考えると、私とイベントのマッチングのミスがあったと考えられます。
 
会いたかった企業さんもいたわけですが、このイベントじゃなくても会えたんじゃない?
私ほかのルートでもよかったんじゃない?
わざわざこのイベントにコストをかけて東京に行くべきだった?って考えるとドツボに嵌りそうになる…
 
さらにここじゃないと得られない!って収穫物は、私にはなかったのかもしれない。
 
他にも起業家甲子園
これは私は、はじめ「出たくない」って言ってたんですよね。
2年も出たし特に出るメリットが感じられない、出るモチベーションが沸かない。
 
でも、シリコンバレーにいける!ことや私が今まで先輩のお陰で大会に連れて行ってもらえたこともあり
「予選はプレゼンするよ~」と言って出たわけですが…うーん
 
はっきり言って3年も出る意味はなかったと感じていますし、起業したくない人が出る意味はあまりないのではと思います。
しかしICT委員会における起業家甲子園のメリットは、
「大人と物怖じせず話せるようになる」
「起業している大人に会え、ざっくばらんに話せる」
「他の大学生と自分自身の比較が出来る」という起業支援とは関係のない部分が大きい。
 
これは、多くの学生に体験してもらいたいと私自身体験していて思いますが、毎年同じ人が体験しなくても大丈夫。私、今回は行かなくてもよかったです。うちの企画で出たいなら他のメンバーに任せればよかった。
 
 

私が「やるべきこと」・「やりたいこと」なのか考えよう

といわけで、今回後悔しているイベントで共通している部分は、自分自身が楽しいと思えるのか、メリットがあると感じているのか、よく考えずに「なんとなく」で行動してしまったことにあるのかなぁ。
思い切りよく行動することは私の持ち味ではあるかもしれないけど、もう少し未来の自分のことを大切に考えてみたい。
 
他にも、モチベーションのベースを他人においていると、「あなたじゃなくてもいいのよ」って雰囲気を感じると「私のやるべきことではないな」とやる気がなくなったり。
 
自分自身が「やりたいこと」がベースになっていると地味な仕事でも自分自身が「やるべきこと」と捉えることができ、手を動かすことができるかもしれない
これって当たり前のことかもしれないけど、あなたのためにといった「期待」や「あなたしか出来ない」等の言葉に惑わされず、自分の「やりたいこと」を選択できる範囲では選択していきたいものです。
 
また、自分以外の人が得意・やりたいと感じていることに関しては、積極的に譲渡し、自分が本当に「やるべきこと」に専念出来る範囲で専念したい。
 
来年度はこれを忘れずに動いていきたいと思っています。

きちんと話し合いをしようよってプレゼンをしました。

ICT委員会の合宿が3月にありました。

そのイベントの一つにLT大会があったので、[1on1MTGのススメ]と言うタイトルをつけて、プレゼンをしました。

 

プレゼン資料はこちら。

https://www.dropbox.com/s/4b27oergcr19e0j/1%20on%201%20MTG%E3%81%AE.pptx?dl=0

 

なんでこのプレゼンをしたのか

[1on1MTGのススメ]プレゼンの中身は、実はほぼネット記事のコピペなのです。

詳しいこと知りたきゃググれ!

意識の高いことを発表したかった。とかそういうことではなく、今のICT委員会では話し合いが足りていないと感じていました。

 

遡ってみて「6th 7th時代のICT」では、形式的に話し合いをすることはいらなかったのでは?と想像ができます。

ほぼ近い年代の集まりで、いつの間にか深夜になると将来何がしたいか(キャリアプラン)だったり、今こんな技術が触ってみたい等

一人一人を深く知ることができる「話し合い」と言わないような雑談が出来ていたのではないでしょうか。

けれど今のICT委員会では近い年代の友達だけがメンバーであることはあまりなく、後輩や先輩などが複雑に混ざり合って大会期間だけ頑張る形が多いです。3ヶ月かそこらで、仲のいい友達になることはできるかもしれませんが、チームとして信頼できる仲間になるのは難しいですし、年代や学年によってカラーが違っていたりして、お互いのことが理解出来なくなっている人も増えている気がします。大人になっての2歳は変わらないかもしれませんが、高校生くらいの年代の2歳はとても大きいはずです。

 

そんな後輩を理解するように先輩が働きかけるように努力をしたり、後輩からいい出せないことをきちんと言ってもらうためには、形式的に話し合いの時間を設けることは多分一番手っ取り早いのではないかな?

 

また、大会期間中締め切りや大会開催日が近くなってしまうと、どうしてもチームが殺伐とした雰囲気になりがちであり、

自分のタスクに精一杯になってしまいコミニュケーションを取ることが難しくなってしまいます。

その結果、タスクの重さに比重が出てしまったり、進捗がいまいちよくわからなくったり…

 

そういったチームを昨年、一昨年では多く見てきており、コミュニケーションを日頃から定期的に取ることは、殺伐とした雰囲気の解消や進捗把握・不安事項の把握への一番の近道だと考え、発表しました。

 

これからどうしていくべき?

新しいチームのリーダーになった学生は、4月のうちにメンバーのことをもう一度知れるように1on1MTGにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか

 

そして来月もできれば継続的に1on1MTGを続けてみてください。

 

昨年度のちーむまぐろで行った結果としては、自分の思っていなかった点が「いいところ」だとして褒められたり、「これから頑張って欲しいところ」の改善案までを他メンバーが考え、その人へ共有されたため、『けっこう1on1MTGいいかも』という評価をいただきました。月一で開催くらいの頻度がいいみたいですよ!!!

 

 

また、こういったミーティング方法の提案はこちらからもLTなどで紹介していくつもりなので、自分のチームへ合いそうなものを積極的に取り入れ、生産性が持続する開発期間の実現へと取り組んでみてはいかがでしょうか!

 

次回のLT大会では、『Stand upMTG』についてお話しようかな

3月までの目標を振り返る会

精神的なハードなものをこなしていった1-3月上旬ですが
ひとまず全部終わったところでの振り返りをしていきたいと思いますヨ
 
詳しいことはこのブログ参照

1月14日 就活美人大学主催 東京イベント

目標:良い企業さんと出会いたい。
結果:素敵な企業さんに会えたけど…
 
結果として、目的は達成できました!
素敵な企業さんに会えたし、女子大学生の就活の雰囲気もしれてよかった
女性起業家さんのアツい話も聞けて、モチベーションも高まった
 
とは思うけど、けど。
 
私とマッチングするイベントではなかったと感じています。
まず、イベントが総合職採用がメインだったのが一つ。
エンジニア採用したいわけじゃないとこに乗り込むのって会話の内容も違ってくるし、新卒採用のポテンシャルの見方とかも違うってこともあってすっごく精神的にハードでした。

2月14日 ImagineCup2017 2次選考(書類・ビデオ審査)

結果:ImagineCup落ちたよ。
 
反省点はまたブログにまとめるのですが
落ちるのって精神的に追い詰められるってこともあって結果として闇堕ちしかけました
りくとか教授に迷惑かけることになるので、落ちることがあっても闇堕ちまでしないようなメンタルづくりは必要です
 

20-25日 シリコンバレー

シリコンバレーの感想はこちら
2年前にいったシリコンバレーとは、また見方が変わっていてだいぶ面白い体験ができたかとは思います。
 

3月7日 起業家甲子園 本戦

目標:3年連続出場の集大成をアピール出来る場に…
優勝は起業しなきゃ無理だと思っているので、自分史上一番意識高いプレゼンをしたいです!がんばる
 
結果:自分史上一番おもしろいプレゼンが出来た
審査員にも笑ってもらえたし「一番プレゼンがうまかったね」と5回くらい言われたのできっと一番うまかったんでしょう!!!(自慢)
 
インターンシップのときの人事さんから
「先輩を超えたね!」と言っていただいたのも嬉しい。
 
シリコンバレーのときに「プレゼンするのもう嫌…」と闇堕ち仕掛けたのですが、プレゼンは特技って言ってもいいくらいには、上達したのではと思います。
 
ただし本番前まで「もう無理…」「失敗する…」と言ってメンバーを不安にさせるのはやめたいです
szk先生に「メンバーがみずきは本番が強いから大丈夫って言ってたけどホントだね~~」って本番後に言われたのもあるし、前日から本番レベルのプレゼンができるようにしたい…
 
 
こメンバーや教授・先生、スポンサーの皆様、今年度は多大なる迷惑と不安を与えたと思うのですが、振り返ってみれば面白かったことの割合のほうが大きいのだと思います。
そんな機会を作ってくださって、一緒に動いてくださってありがとうございました!
 
3月からの目標は見立てがついたらまた共有して、チャレンジした成果をなにかに残せるようにしたいと思います。
来年度はどうなるかなぁ。

2月のせい

1月は期待された月だって書いた
 
2月はやりたくないことをやった月だった。
期待されることをやるのと、自分のやりたいことをやるのは違う。私のやりたいことは、人の期待に応えることだと思ってやってきたけれど、本心はそうでもなかったらしい。
 
離婚する娘に、母親が
『お母さんがあなたの結婚を止めてあげられなくてごめんね』と一緒になって泣く場合もあるらしい。ばつがついたり、娘が傷ついたのは自分のせいだって責めるのだ。
娘は、「お母さんのせいだ」って責めてしまう。
 
そんなの馬鹿げてるなぁと思っていたけれど、私が"お母さん"のせいだって責めたら、『あなたが決めたんでしょ』って返された。一緒になって泣かれても困るけれど、人の意見で結婚を決めただなんて言えなかった。
"お母さん"の意見を聞いて最終的に結婚したのは私なのだ。
 
 
「この人と結婚した方がいいわよ」って言う母は、私のためを思って話してくれる。それはわかっている。でもそう言われて結婚しなかったあの子が、「バカね、あの子」って言われているのも見てきたし、私も『なんで結婚しないのかしら、バカね』って一緒になって言ってきた。
私は「バカね」って言われるのが怖かった。自分がバカにしてきたから。
 
 
"結婚"は状況によって、選んだ道が成功することもあるし、失敗することもある。そんなの分からない。いろいろなケースがあるし。
もし失敗したからって母を責めるのは間違っている。
 
 
今度、私が結婚するときには、自分で結婚する人を選ぼう。
"お母さん"が彼と結婚するわけじゃないんだから。
年収が女の人より高い人と結婚しなきゃいけないって思ってるのは自分じゃなくて、"お母さん"とか世間の目かもしれない。
 
あの子が専業主夫と結婚したからといって、バカにしないであげてほしい。
あの子は、自分で稼ぐって選択肢を、『自分自身』で選択した。"お母さん"のせいにして結婚した私より偉いはずだから
 
母が揃えた条件で結婚するより、私が決めた人と3月は結婚したい。

シリコンバレー大反省会会場

220日~225日まで、アメリカ カリフォルニア シリコンバレーにいました。

私はシリコンバレー二回目なのですが、知ってる大人がいない中で、自分が引率をする・リーダーをするっていうのは、初めてでした。

今回シリコンバレーに招待していただいた、NICT 起業家甲子園にとってもとっても感謝したいと思います。ありがとうございます。

 

 

では良かったこと・悪かったことの順でいきまーす

 

良かったこと

  • 大きな事故がなかった

アメリカ初の人も多い中で、「パスポート無くした!」「携帯・財布すられた」「風邪引いた/怪我した」がなかったのは本当に良かったと思いました。本当に。マジで。

シリコンバレーに訪問した時は携帯と財布すられた人がいましたので、事前に口酸っぱく「尻ポケットに財布・携帯を入れたらダメ!!!」って言っていたのが功を制したのかと

 

これで何かあったら、親御さんたちにどう謝ろうかと胃が痛かったです本当に何もなくてよかった

 

  • 弓削の方針みたいなのを知れた

今回シリコンバレーには弓削商船も来ていたのですが、会話から高専プロコンの取り組みだったりを偵察(?)できました!ここに書き記しておきます

 

1.プロコンの取り組みは前年度からアイディア出しをしている

沖縄はギリギリで行うことが多い中で強豪はやはり早くから対策しているようです

 

2.どこか行く時はパンフを持っていく

英語をしゃべれない人が多い中でそういったものを持っていくと会話がはかどります

内容がいいパンフを持っていけば、拙い英語でも全然大丈夫だし名刺代わりになるのは便利です

 

3.決まったユニフォームがある

大学生・高専生と私服が多かった中で、制服があるのはやはりいいポイントです。統一感とピュアさをアピールすることができ、印象に残りやすいです

沖縄もかりゆしウェアか、何かがほしい はよ~

 

  • 起業家甲子園のレベルが上がっていたのが分かった

起業家甲子園って私の中のイメージでは、意識高い系()の大学生が混ざっているイメージでした。起業したい人は一握りのような。

でも今回は、本当に熱意を持って起業したい人が多かったと感じました。年度によって違うのかもしれないけどね

 

運用を始めている人や起業して取り引きを始める人もいて、実行に移せる行動力がある人が多くいました。

素直に尊敬できるし、ぜひ早くみんなに行き渡るサービスになってほしい って応援しています。

し、応援したいような人だった!!!!

 

 

  • みんなの成長を感じた

シリコンバレーに行って、すごい大人の話を聞けたこと、シリコンバレーの環境に触れたことでみんなの成長を感じました。

リーダーとして、メンバーの成長を身近で見れるのってとっても嬉しい。

 

メンバーと実際話して感じてほしい。

特に凛は成長したんじゃないかな~

 

シリコンバレーで何を感じたか、真面目に話してくれるかはわかりませんが、真面目に聞けば教えてくれると思います

 

 

  • 夢を持っている大人に会えた

シリコンバレーで活躍している大人は、みんな何かしらの夢を追いかけていました。

その夢を追いかけるために信念を持っていた。日本でも海外でも第一線で活躍している人の話をこれだけの人数と質で聴ける経験はなかなかないです。

 

講演ってつまらない人も多い中で、つまらない話は一つもなく、メモすることがとても多かったし、今記事を書きながら振り返っているし、

これからも振り返りたい

 

この話は別に記事にあげてもよさそうかなぁと思っているのでまた今度!

 

悪かったこと

  • 心がしんどかった

シリコンバレーってやっぱり日本じゃないんですよね。バスタブが浅い、お湯に浸かりたい。水が合わなくて髪がキシキシする。主にお風呂がストレスたまったんだけど笑

そんな中で、みっちりのプログラムをこなすのは心がしんどかった。睡眠時間足りないし。

 

正直、一人・二人で参加している人たちが羨ましかった。自分のことだけに集中できるから。

メンバーがうとうとしているのを見ていたり、全員集まっているか確認しながら移動したり、朝起きているか、夜更かししていないか心配だし、忘れ物は?大丈夫?

ってもー!しんどい! 引率してくれる教授って神だったの?って思うくらいしんどい。

 

正直引率はもうあんまりやりたくない。

次もし、私一人で引率しろって機会があるなら、最悪出場しないか、2人までだったらまだうーん

でももうやりたくない。メンバーが悪いわけじゃなくて、心労がしんどい。少なくとも国外は引率なしでは出たくない。

 

 

そんな細かいことからもストレスがたまっていく中で、ImagineCup2次予選に落ちたのは、めちゃめちゃしんどかった

そう。落ちた。シリコンバレーに行っている期間中に結果が出ました。

テスト期間があったり、シリコンバレー行く準備したり、時間がなかったってのはしょうがないけど、すごい悔しかった。

なんでって言うのはもう、ImagineCupにかける時間が少なかった。以上。

でも時間がないって言い訳はずっとしてる気がする。もう言い訳したくないってはずっと思っている。

 

 

  • プレゼンするのが怖くなった

シリコンバレーに行かせてもらってるのにもかかわらず、ImagineCupに落ちたので結構ダメージがきた。心が死んでいくのを感じた。多分疲労も単純に溜まっていたんだろうけど。

その中で、得意なはずのプレゼンも原稿が飛んで行くし、最後のプレゼンは結構よくない結果だったと思ってる。多分自分史上最悪のプレゼンをした。

いつも、自信ありげに顔を合わせながらプレゼンできるのに、否定されるのが怖くって目を合わせたくないし、もうプレゼンしたくないって初めて思った。

 

すごい人の話を聞いたり、シリコンバレーの雰囲気を感じるっていう収穫面はとってもあったけど

自分をアピールする分にはあんまりよくない結果だったと思う。

 

 

終わりに

多分シリコンバレーブログ3,4本あげることになります。

これからも宜しくお願いします

期待されるのって苦しい

1月は期待された月でした。

大人に「日本の将来は、君たちがいると明るいね!」ってお世辞でも期待されるような学生が何人いるんだろう。
きっと全国にはいっぱいいるかもしれないけど。

その期待に答えたい反面、”期待”ってのは重たい。プレッシャー。

逃げたい。というか1月は何度か逃げてしまった。
「そんな期待されるほどすごくない」「日本の未来なんて背負えない」

でも、”期待”されるような行動をしない人、動き出さない人に”期待”して、期待を裏切られるのはもっと苦しいし
何度か逃げて”期待”を裏切ってしまう自分にも疲れた

来月は、「日本の将来は明るいね~」なんて言われても「ハハッ そうっすねw」って返せるくらいの余裕を持っていきたい