読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mizkiの甘め日記。

情弱という言葉も知らなかった情弱な女の子ががんばってプログラミングします!

キラキラ高専ガールの就活 Part2 逆求人当日

ICT委員会 kosen13s 高専 就活

キラ高専ガールの就活 Part1はこちら↓
shimamiz-m.hatenadiary.jp

今回は逆求人当日の話を書きたいと思います。

開始前

会場には結構早めに着いたので、受付をしたり、配られた名刺を眺めたり…ということで時間まで待機していました。
女子が私を含めて2人しかいなくて、やっぱりIT系とか工業系は女子少ないんだなぁとしんみり…

逆求人のお姉さんと会話出来て、だいぶ安心(?)というか女の子成分を補給しました。

名刺交換会

名刺交換会では、先輩にちょこっと情報をもらっていて、「なるべく明るく・目の前を通った人を捕まえよう!」と思って望みました。
「ここで、目立たなければこのあとに行われる面談に全ターム埋まらないよ」との先輩のアドバイスからです。

幸い心がまえがあったことと、赤い服を着る+女の子が少ないwこともあって目立つことも出来たのではないかと思います。
一般の逆求人では、高専の本科4年生は圧倒的に若いので
「18歳!沖縄高専のものです!!」ということを名前のあとに言いました笑

若いことと沖縄!ということも立派なアピールポイントになる??と思うくらいには反響がありました笑

お昼休憩

あいかわらず緊張したら、ご飯を食べたくなくなるのでおにぎり1個で済ませました。
隣の人とおしゃべりしたり、気になる就活生とおしゃべりしていました。
「あー緊張するよ~~~」と内心では思っていました

でも面談前に逆求人のお姉さんが「面談指名率2,3位とかだったよ~」と教えてもらいw安心というか
みんな私に比べて大人で落ち着いている人ばっかりだろうに
私にも需要があるのか!とやっぱり逆求人に出てみたりしないとわからないことに気づきました。

面談*8回

一番印象に残っていることは「喉が乾いた!!!」です。
30分質問しまくったり、自己アピールしたり、企業の話とかどんな人がいるかとか聞いたりして
もー喋りまくりでした。

そのくらい聞きたいこともあるし、話したいこと、聞いてくださることもたくさんありました。
私はメインで話していたことは「大会の話」と、「御社の社内ってどんな感じなの?」ということでした。

逆求人に来ている就活生が、女性が少ないこともあり「女性が生きていける風土なの?」とか毎回聞いていたように思います。
でも、こんな心配はいらず「むしろ歓迎!!だし、男女差別とかないでしょ!」という回答をもらいました。
こんな嬉しい回答をもらえたので質問してごめんなさい…と思いましたが、再確認して私のココロの安心も得ることが出来てよかったです。

あとはプレゼンの「キラキラ高専ガールの就活」というタイトルはウケがよかったように思います
アカデミックな硬いプレゼンを作るより、自分をアピールできるようなカラーやフォントを使ってアピールした方が
私にはあっていると思いました。

自分のキャッチコピーとかを頑張って付けれるなら付けたほうが面白いし覚えてくれてるのかなって思います。

逆求人に参加してみてまとめ感想

逆求人に参加して、やっと就活のスタートを切れたかなぁと思います。
他にも、自分の志望業界だったり、やりたいお仕事についてよりイメージがはっきりしました。

おわりに

就活!やっと自分の中で始まりました。
また、書けることがあればログを残していけるぶんは残したいと思います。

みんな逆求人参加してほしいと思います!