mizkiの甘め日記。

南の島の高専でぷよぐやみんぐ!

受賞したけど悔しくて苦しいのはなぜなのか

タイトルの通りです。私は第27回高専プロコン自由部門へ出場し、特別賞を頂いたDiscussionNaviチームのリーダーをやっていました。
 
色んな人から、『特別賞じゃん!泣いてたね!おめでとう』だったり
『賞取れて泣いてるのか、悔しくて泣いてるのかわかんねぇ』って言われていましたが、
 
私は悔しくて悔しすぎて泣いてたよ!!!!!
 
 
一番何が悔しかったって、閉会式の受賞チーム発表中
『梨玖の目の輝きを失わせたこと』が悔しかった。
泣きながら隣の人の目が死んでいくのをずっと感じていてそれがまた涙誘いすぎていた。
 
『特別賞』より上を取れなかったことは、チームが頑張らなかったことが原因ではなくてリーダーがメンバーの最大限度の力を出せるように動けなかったことが原因だった。
 
きちんと自分たちの目標を達成することができなかった。
だから、『特別賞』より上を目指すことは叶わなかった。
 
受賞のときに、『ごめん』「自分のせいで」
『あのときミスったから』「でも私もプレゼンでとちったし…」と囁きあいながら舞台にいくことは本当に苦しかった。
 
 
第28回高専プロコンに向けて、
審査委員長が言っている『早めに完成させる』『完成度高める』『人に使ってもらってブラッシュアップする』ことをするのは、受賞するには大切な事だけれど
 
私は、自分たちが納得できるまで、自分たちが考えたものを作ればいいんじゃないかなぁと思いました。そしたら、どんな賞を頂いても納得することができる。
 
じゃなかったら、人的リソースもお金も徹底的にかけて、勝つためにできたTODOListを確実にこなして「最優秀賞?当然。」ってレベルまで持っていくしかない。
 
 
来年、プロコンに出るならこんな悔しさを生みたくない。
とりあえず悔しさだけ、年明け前に吐き出しておこうと思いました。