mizkiの甘め日記。

情弱という言葉も知らなかった情弱な女の子ががんばってプログラミングします!

意識高い女子に揉まれた会。

1月14日 東京で開催された『就活美人大学』のプレゼン大会本戦に参加してきました。

 

ざっくりイベントの説明

意識高い、将来バリキャリになりたい女子学生の集まりがあり、そんな学生を採用したい企業様がスカウトしていくっていうイベントでした。

ベントの内容は、1分自己PRが行われたり、グループディスカッションしてプレゼンをしたり...

気になる企業様とはざっくばらんに話してみたりすることができます。

 

今回の収穫

①気になってた企業様に会えたこと
②企業の採用したい学生の傾向が知れた
③主催者の熱い気持ちが聞けた
④女子高専生の逃げ場を見つけられた

この4本立てで書いていきます。
 

①気になってた企業様に会えた

私の崇拝するなっさまのお知り合いの企業様と出会いました。逆求人のエンジニアファーストに参加している企業様でめちゃ気になってました。「なっさまに声をかけて繋いでもらおう!(このイベントが終わったら)」と思っていたら
「いるやんけ!!!!!」ってびっくり

運命の出会いかもしれませんね笑

 
人事さんと繋がれたので、今回のイベントで良かったことNO.1です

会社見学に是非行きたい♡

 

②企業の採用したい学生の傾向が知れた

やっぱり企業さんには、こんな学生を採用したい...例えば、今のこの時期は生きのいい営業を求めてる...とか企業によって色々。

ざっくばらんにお話することで、なんとなーく知ることができ「この企業さんはエンジニアは採用する気なさそうやな~」とかを知ることができました。こういう人事さんの動き的なものは、注意深く観察して自分にマッチするところを選んでいきたいと思います。
 

③主催者の熱い気持ちが聞けた

このイベントの主催者は女性。やはり起業して、表に立って働いている女性なだけあって、素敵です。自分への自信が満ち溢れているし、どうやってその自信を身につけたかも経験として人に語ることができる。
 
この人のお話を聞いて涙ぐんでいる女子参加者もいたくらい、女性の活躍に対して熱い気持ちを持っているし、その期待に応えていかなければと思いました。
社会人の入り口である、就活生の時期にこんな女性の熱い気持ちが聞けてよかったです。
 
 

④女子高専生の逃げ場を見つけられた

このイベントはエンジニアだけではなく、総合職・営業等の職種でバリバリ働いて欲しい企業さんが多くいらっしゃっていて、さらにものすごくポテンシャルが重視されています。
 
これを踏まえると、女子高専生で「エンジニアにしかなれないのかな?」とか「正直自分には技術職向いてないな...」と思っている人が総合職などの仕事をゲットできる場にもなれると思いました。
 
でも全国にいる、意識の高い(系ではない!!)女子が多く集まっているので、その中で指名をもらうのはとても大変です。選ばれるのには、たくさんの経験や自分を表現する力が試されますが、「それでもチャレンジしたい!」と思う女子はきっとチャレンジする力が備わっていると思いたい!!!頑張って欲しいです!
 

終わりに。

このイベントに参加してみて、自分はもっと女子力の部分をつけていかなければ(おしゃれとかメイクとかちゃんとせねば…)と感じました。
そのくらい、ここに来ている女子はみんな見た目も!中身もキラキラしていました。
きっと彼女たちが見た目も磨くことは、戦闘服を着るようなものと同じようなことな気がします。
 
この眩しさに目が眩まないように、私もキラキラ度をアップしていかなければならない・・・もっと頑張らなければ!と思ったイベントでした!