mizkiの甘め日記。

南の島の高専でぷよぐやみんぐ!

シリコンバレー大反省会会場

220日~225日まで、アメリカ カリフォルニア シリコンバレーにいました。

私はシリコンバレー二回目なのですが、知ってる大人がいない中で、自分が引率をする・リーダーをするっていうのは、初めてでした。

今回シリコンバレーに招待していただいた、NICT 起業家甲子園にとってもとっても感謝したいと思います。ありがとうございます。

 

 

では良かったこと・悪かったことの順でいきまーす

 

良かったこと

  • 大きな事故がなかった

アメリカ初の人も多い中で、「パスポート無くした!」「携帯・財布すられた」「風邪引いた/怪我した」がなかったのは本当に良かったと思いました。本当に。マジで。

シリコンバレーに訪問した時は携帯と財布すられた人がいましたので、事前に口酸っぱく「尻ポケットに財布・携帯を入れたらダメ!!!」って言っていたのが功を制したのかと

 

これで何かあったら、親御さんたちにどう謝ろうかと胃が痛かったです本当に何もなくてよかった

 

  • 弓削の方針みたいなのを知れた

今回シリコンバレーには弓削商船も来ていたのですが、会話から高専プロコンの取り組みだったりを偵察(?)できました!ここに書き記しておきます

 

1.プロコンの取り組みは前年度からアイディア出しをしている

沖縄はギリギリで行うことが多い中で強豪はやはり早くから対策しているようです

 

2.どこか行く時はパンフを持っていく

英語をしゃべれない人が多い中でそういったものを持っていくと会話がはかどります

内容がいいパンフを持っていけば、拙い英語でも全然大丈夫だし名刺代わりになるのは便利です

 

3.決まったユニフォームがある

大学生・高専生と私服が多かった中で、制服があるのはやはりいいポイントです。統一感とピュアさをアピールすることができ、印象に残りやすいです

沖縄もかりゆしウェアか、何かがほしい はよ~

 

  • 起業家甲子園のレベルが上がっていたのが分かった

起業家甲子園って私の中のイメージでは、意識高い系()の大学生が混ざっているイメージでした。起業したい人は一握りのような。

でも今回は、本当に熱意を持って起業したい人が多かったと感じました。年度によって違うのかもしれないけどね

 

運用を始めている人や起業して取り引きを始める人もいて、実行に移せる行動力がある人が多くいました。

素直に尊敬できるし、ぜひ早くみんなに行き渡るサービスになってほしい って応援しています。

し、応援したいような人だった!!!!

 

 

  • みんなの成長を感じた

シリコンバレーに行って、すごい大人の話を聞けたこと、シリコンバレーの環境に触れたことでみんなの成長を感じました。

リーダーとして、メンバーの成長を身近で見れるのってとっても嬉しい。

 

メンバーと実際話して感じてほしい。

特に凛は成長したんじゃないかな~

 

シリコンバレーで何を感じたか、真面目に話してくれるかはわかりませんが、真面目に聞けば教えてくれると思います

 

 

  • 夢を持っている大人に会えた

シリコンバレーで活躍している大人は、みんな何かしらの夢を追いかけていました。

その夢を追いかけるために信念を持っていた。日本でも海外でも第一線で活躍している人の話をこれだけの人数と質で聴ける経験はなかなかないです。

 

講演ってつまらない人も多い中で、つまらない話は一つもなく、メモすることがとても多かったし、今記事を書きながら振り返っているし、

これからも振り返りたい

 

この話は別に記事にあげてもよさそうかなぁと思っているのでまた今度!

 

悪かったこと

  • 心がしんどかった

シリコンバレーってやっぱり日本じゃないんですよね。バスタブが浅い、お湯に浸かりたい。水が合わなくて髪がキシキシする。主にお風呂がストレスたまったんだけど笑

そんな中で、みっちりのプログラムをこなすのは心がしんどかった。睡眠時間足りないし。

 

正直、一人・二人で参加している人たちが羨ましかった。自分のことだけに集中できるから。

メンバーがうとうとしているのを見ていたり、全員集まっているか確認しながら移動したり、朝起きているか、夜更かししていないか心配だし、忘れ物は?大丈夫?

ってもー!しんどい! 引率してくれる教授って神だったの?って思うくらいしんどい。

 

正直引率はもうあんまりやりたくない。

次もし、私一人で引率しろって機会があるなら、最悪出場しないか、2人までだったらまだうーん

でももうやりたくない。メンバーが悪いわけじゃなくて、心労がしんどい。少なくとも国外は引率なしでは出たくない。

 

 

そんな細かいことからもストレスがたまっていく中で、ImagineCup2次予選に落ちたのは、めちゃめちゃしんどかった

そう。落ちた。シリコンバレーに行っている期間中に結果が出ました。

テスト期間があったり、シリコンバレー行く準備したり、時間がなかったってのはしょうがないけど、すごい悔しかった。

なんでって言うのはもう、ImagineCupにかける時間が少なかった。以上。

でも時間がないって言い訳はずっとしてる気がする。もう言い訳したくないってはずっと思っている。

 

 

  • プレゼンするのが怖くなった

シリコンバレーに行かせてもらってるのにもかかわらず、ImagineCupに落ちたので結構ダメージがきた。心が死んでいくのを感じた。多分疲労も単純に溜まっていたんだろうけど。

その中で、得意なはずのプレゼンも原稿が飛んで行くし、最後のプレゼンは結構よくない結果だったと思ってる。多分自分史上最悪のプレゼンをした。

いつも、自信ありげに顔を合わせながらプレゼンできるのに、否定されるのが怖くって目を合わせたくないし、もうプレゼンしたくないって初めて思った。

 

すごい人の話を聞いたり、シリコンバレーの雰囲気を感じるっていう収穫面はとってもあったけど

自分をアピールする分にはあんまりよくない結果だったと思う。

 

 

終わりに

多分シリコンバレーブログ3,4本あげることになります。

これからも宜しくお願いします