mizkiの甘め日記。

南の島の高専でぷよぐやみんぐ!

ダーツ上達できたらなって日記

今年度に入って、同級生と遊ぶ時間が出来たので、ダーツに月に一回くらい行くようになった。

 
やっと全部ハットになった記念写真!
f:id:shimamiz_m:20170913222830j:image

ダーツするときのアドバイスまとめ

ダーツ始めて、半年。まだまだ初心者なのですが、上級者に言われたことまとめておく。

  • ダーツの持ち方を安定させよ(Done)
  • 真ん中のブルを狙うときの立ち位置を安定させるとどこに立っていいか迷わない
  • 肘を固定して、手首をスナップさせて投げよ
  • 力を抜いて投げよ
  • 自分のリズムで投げよ 
  • 投げたあと、狙った場所へ指先を向けるようにすること
  • 上手くいったときのことを覚えておいて、それを繰り返せ

 

  • 上で言われたことを一つ一つ出来るようになっていきなさい

 

え、無理でゎ(´・ω・`)

と思いながら日々ダーツを投げている。

 

私は投げていて疲れてくると、的の下の方にダーツが刺さってしまうので、意識的に上に投げるようにしなさいと教わった。

 

そもそも疲れないように、力んで投げる癖を直そうねーとも。ゲーム中、自分では力んでると分からない。ダーツ終わってから『あ、力入ってた』って気づく。どうしても、ボードまで届かないイメージが先行してしまって、力んでしまうので、手首のスナップだけで、はいる!ということを体に覚えさせなければならない。

 

でも問題を分けて考えるのは、なんだかエンジニア的思考だなぁと思いました。

一つのタスクがいつの間にかこなせるようになってると気づいたときは、すごく嬉しいし、やっぱり楽しい。

 

ほかにも、対戦して勝てたら嬉しくなるし、練習したことをすぐにゲームに生かせるのもダーツのいいところ。

 

出来た!がすぐに実感できて、でも、すぐにすり抜けていって(´-ω-`)→また出来るようになってヽ(*´▽)ノ♪の繰り返しです。

その出来た!の間隔がどんどん短くなって上達していくんだよーとうまい人は言うので、それを信じて練習したいと思います。

 

 

ダーツって怖いと思ってた。

ダーツする場所って暗くて、アヤシイってイメージがあると思う。実際は、そんなことある。となりにはビリヤードとスロット。煙草を吸う人も多いし、お酒を飲んでいるおじちゃんもいる。たしかにダーツするとこは怖い。一応は、女の子一人で待っていると、お店の人が大抵『大丈夫?待ち合わせだよね?』って心配してくれる。お店の人が守ってくれたり、友達といると声をかけられることはないので、自衛していけば、安全です。なんでもそうだよね。

ダーツってゲーム自体は面白いんですよ。沖縄だと4人で行けば、一人出す金額がほとんど500円以内で抑えられてコスパもいいですし。怖いっていうイメージがやっぱりあるので、そういうのが変わっていったらいいのになって思います。もっと明るくて、ギラギラしていない場所でダーツできたらなぁ~と。夜遊びしてるように思われるのもやだし、ね!

 

まとめ

マイダーツも持ってないような初心者ですけど、ダーツ上手になったらもっと楽しいだろうなって思う..半年後とかに、見返して出来た!が増えてますように。