みずきちの甘め日記。

南の島の高専でぷよぐやみんぐ!

新入生に期待しちゃいたい

沖縄高専のメディアの推薦入試で、「みずきち先輩のプレゼンを見て入りました!」と言った人が何人か居たらしいので、その人たちにアドバイス

 

いろんな挑戦をする!

ただでさえ沖縄で、しかも辺野古にあるし、寮生活だし、学校自体そもそも小さい。ここだけで色々やろうとするとけっこう窮屈な気がする。沖縄高専より広い所に行かないともったいないよ!

その機会が結構色々あるから、なるべくそれに参加するようにする。
ま、例えば ICT 委員会で大会に出るようにするとか、英語プレゼンのコンテストとかも悪くない。
他にも高専全体であるワークショップもあるし、沖縄の中でも、ワークショップ・ハッカソンと、色々ある。自分が合うものに参加できたら嬉しい。

 

先生と仲良くなる

きちんと仲の良い先生とか先輩を見つける。これはすごく重要。
なぜなら上のような大会とかイベントに出るときに、胡散臭い大会やイベントに出くわす時がある。それにむやみに参加しないためにも、自分が意識高い系になっちゃわないためにもきちんと相談する必要がある。し、ほんとにやばいときに、止めてもらえる。
ほんとにやりたいことやるためには、先生に相談してから決めても遅くないと思うよ。

 

メディアの先生だけじゃなくて、もちろん一般科目の先生も仲良くなってて悪いことはない!!
下級生のときに、一般科目の先生と仲良くなっておくと、テスト勉強で困った時とか、先生があいてるタイミングとか見つけやすくて質問しやすい。か、個別で対応してくれたりとかするかもしれない。

 

あとホントはね、先生達と仲良くなっておくと、辛いときに逃げ場になったりするから、ほんとおすすめ。何度も助けられてるよ。

 

先輩について

仲のいい先輩がいると、相談に乗ってくれたりとか、足になってくれたりとか、勉強を教えてくれたりとか、過去問もらったりとか笑。いいことづくめ。自分も上級生になったら、下級生に返せるように頑張ってね。

できたら3年生の頃くらいに 進路を考えるようにしたい

普通に、推薦で進学、就職ならさほど問題はない。問題は、難しいとこに入りたい場合。
すごい頑張らなきゃいけない場合もある。

 

他の高専は進学とかがうまくいってるとこもあるよ。旧帝大とかにぽんぽん合格できる人もいる。でも沖縄高専はほんとに少ない。まじで10年に一人の逸材が合格するくらい。沖縄高専で並なら受からない‥辛い‥
もし、自分が本当に旧帝大とかに合格したいなら、普通の勉強できる沖縄高専生な場合、3年生の頃くらいから勉強する必要がある。


私の代は、志望校に受からなかった人が凄く多くて、友達としてもすごい心配になるからきちんと勉強しておいてほしいな。

 

就活の場合
ゲームプログラマー・CGデザイナーになりたい人は作品を作っておかないと受からないから気をつけて。ゲームやってるだけじゃダメ。これは入ったらM教授に言われると思う。

でも進路ってさ、状況によって変わるから、いい感じに頑張れ。

 

 

単位落とさないのは結構当たり前

高専生の ネタとして単位ない!単位ない!っていうものがあるけど、 下級生では単位落とさないことが結構当たり前だったりする。
もちろんレポートの締め切りも守る。上級生になったら毎日頑張って出席しような。

 

なるべく素行は良くする

沖縄高専は 狭いので、みんな噂話に飢えてる。あんまり悪い噂話のトピックにあがらないように...気をつけて。特に、SNSの発言とか。変わらないものは変わらないし、あんまり怒ってもしょうがないものもある。

 

高専に合わないなら早めにやめる

合わないなら、やめるのは早ければ早いほど良い。高専にはやっぱり適正がある気がするよ。高専一年生なら、高校入試をやり直す。
高専生3年生以下なら、高認を取ってさっさとやめる。で、大学入試に備える。
3年生以上なら できるなら就活で プログラマーじゃないところを目指すとか なるべく頑張る。できれば3年生以下に辞めていたい。

 

終わりに

思いついたままに書いたから、読みづらいかもしれぬ。。

「キラキラ高専生になろうプレゼン」では 夢を語ったけど 、こっちでは 現実を書いたつもり 。Twitter では いろんな先輩がいるから そそんな人達に質問して みてもいいんじゃないかな。

 

憧れられる先輩になるという目標を達成させてくれてありがとうの気持ちを込めて。。

高専生活楽しんでください!!!