みずきちの甘め日記。

南の島の高専でぷよぐやみんぐ!

逆求人にいく全高専生に送る、好印象持たれやすいコツ

この記事は高専IT系部活 #kosenit Advent Calendar 2018の2日目に投稿される予定だった記事です。

qiita.com

IT系の部活に所属しているみなさんこんにちは!
沖縄高専ICT委員会卒業生のみずきちです。

 高専での活動は過去のブログをみてね💖

shimamiz-m.hatenadiary.jp

 

IT系の部活に所属していると大会に出ますね?

大会に出たら、何かしらの経験・実績をつめるはず!その経験・実績をうまくアピールして、高専を卒業した後も、ずっと楽しく素敵な場所で「ものづくり」に携わってほしい...!

(自分で作っちゃうのもありかもだけど、今回は企業に入るのを応援する話。)

 

そこで積極的に活動できた皆さんの就活するときにお役に立てればと思い、この記事を書いています。

 

この前、逆求人に初めて企業側として参加しました!

私も逆求人がきっかけで、今の会社に採用されたので、すっごく懐かしい気持ちで参加👏ちょっとシステムとか変わってて面白かった〜笑

 

私が逆求人に出てた回では、企業さんからプロフィールシート段階で、2位の指名率・
全タームがうまる、面談後もありがたいことに悪くない評価をいただけていた記憶・・・

(ES免除とか、インターンの面接免除とかとか色々なお誘いを受けた)

 

結構気を使って、シートを書いたり、面談をしてたから、いい結果をいただけていたのかも?なので、気をつけていたことをまとめます!

今から逆求人で就活する人が、素敵な企業様と出会えますように...!

(*うちの会社とは関係なく、汎用的なアドバイスです!)

(*今回あった学生さんとは関係なくみずきちが実際に気をつけたことです!)

 

プロフィール作成の注意点

・顔写真
 

履歴書の写真△カタイかなぁと思ってそうじゃないものにしました。
なるべく笑顔でマスクとか顔隠さないで、映ってると好印象🙆

全身画像より顔写真!

 

会社のタイプ
 

こだわりなくはなかった、私すっごい企業選びこだわったよ・・・

もしない人は、友達とかと相談して、言語化してみて。
ここがかけない人は業界分析ができていないかも。
逆求人であった企業さんがいくら素敵でも、自分の基準がないと「ビビビ!」って直感でこないので、ある程度分析しておくと🙆‍♀️

(e.g. 自社開発の企業/社内のエンジニアも企画と相談しながら、企画出しできるところ)


・フリー記述・インターン経験

定量的に→どのくらいの期間・どんな人数で・なんの言語で、なんの役職をしたか、どんな結果が出たかを明確に。

e.g.

パソコン甲子園2014 モバイル部門グランプリ
・テキパキッチンというAndroidアプリを制作
・パスタ、スープ、サラダという複数のレシピを同時進行で、作ることができるようにレシピを並べ替えたものをユーザに提示するアプリケーションを作成。
・開発期間:半年 開発人数:3人 開発言語:Java やったこと:レシピの手順並べ替えのアルゴリズム部分を作成


定性的に→どんな経験ができたかをちゃんと書いていると好印象。

e.g.

学べたこと:ユーザが実際に動きやすい手順になるように、ヒアリングや観察を重ねアルゴリズムを作成した。それにより、違和感のないレシピが完成した。


一言もしっかりかけてるとわかりやすいから嬉しい。

お?と思うキャッチをつけるようにする。

e.g. 日本一をとったアプリ開発経験

 

フリー記述欄の写真

ものや人がはっきり写る写真を選ぶ!

 

フリー記述欄・インターン

とりあえず自由な記述欄とかは、写真とか文字とかしっかり埋めないと他と比較して埋もれるよ
あとネガティブな言葉使っていないか、先輩or先生に添削してもらってくれ〜(自信なさげに見えるといくないって教授に言われてから、そこすっごい削った)

 

あと重要なのは、参加する逆求人の企業さんにプロフィールを送る日付を、逆求人のお姉さんに確認すること!

もし、書きかけのverを企業さんに送ることになってしまうともったいないです!!

 

今回企業側として行ってみて思ったのは、
自分のキャラがプロフィールシートにも出てきてるなってこと。
キャラは絶対に変えられないものなので、
そのままのキャラで、いいイメージを持ってもらえるようにシートの書き方を素敵な文章に変えるのをを目指すとベスト🙆

 

資料づくりのコツ

5分で自分を説明しよう!

(ジースタイラスから来てたメールでは5分程度と書かれているので、ちゃんと守ると面談がスムーズだった!🙆)

自己紹介と、定量・定性で自分がやったことをプロフィールシートをもとにして書く!

企業に聞きたいことを事前にリストアップしておくと、会話が続きやすいかなぁと思ってプレゼンにまとめておいたよ。

タイトルは、自分を表せる一言をつけると💮

私が作ってた資料がわりとわかりやすいのでぜひ参考にしてみてね👏 

docs.google.com

 

大事なのは、事前に詰まらないで喋るように練習すること!面談の時間は決まってるので、スムーズに、手短に、自分を伝えられるように練習しよう💪

私は、チューターをしてくれたお姉さんに何度か練習に乗ってもらって、アドバイスもらってたので、バッチリでした!

 

当日の服装

格好は清潔感を出す🙆

男子は髪の毛がメガネや目にかからないようにするといいかも!👓♡

私は、当日気合入るように赤の服着ていったけど、結構目立ったのでおすすめかもです。

 

 

名刺交換

学生側から声かけちゃってOK! 

私は取りあえず捕まえてみてました。具体的には「おはようございます」と声をかけるだけ(笑顔でね!!)

このタイミングで、学生側から声かけておくとあとでプッシュタイムに挨拶+資料とか謎にグッツを頂いたり、ちょっとモテますww

 

業界が合いそうだなって企業さんが多い回に出たりすると、全員とは面談できないので..面談するか迷ってる企業さんからの優先順位がぐっと上がる⤴

私の場合はすごくいい指名率で、当選できませんでしたという企業さんが2社ぐらいいたので、1社は後日面談しました。

 

向こう側からの面談の申請が増えるので、ぶっちゃけ微妙な企業さんと合うこともあります。でも、志望じゃない企業さんのパンフレットを見たり、面談してよかったことは、選考に乗った時に志望の企業を何故選んだか的確に説明できるようになること。

他の企業と比べて見るのも就活では重要なことなので、この機会に情報をいっぱい得る!って決めておくと、後悔と疲れが少ないかな。

 

面談

自己紹介をスムーズに済ませたら、企業さんのお話を聞けるはず。
素直に話を聞いて、対話をすることを心がけよう!

 

聞かれたことを、正しく答えるのが重要..
高専生って、つい聞かれたことに正しく答えなかったり、自分のことばかり話したりしてしまうので..笑

そこが熱意が伝わっていいところでもあるけれど、初めて会う人とお話するときは、相手の話を聞くことも心がけてゆくと、好印象です。

(でも面談ずーっとしてると疲れちゃってたから、おやつがんばって休憩中に食べてたぁ笑)

 

終わったら

選考に進みたい

もうちょっと調べたい

ここは行かない

の気持ちの順番で、お礼メールを送っていったよ

内容のアツさもこの順で書き分けていくと🙆

 

選考に進みたいものは、当日中に送ると熱意も伝えられるのでGood♡

飛行機の中で一生懸命書いてた笑

出来るならオフィスに訪問する日取りまで、アポを取れるといいと思います。

(興味のない企業さんから熱烈なメールが来たらどうするか...
だれかいい方法あったら教えてほしいですね。私は数回返して、内定出たのでごめんなさいメール送りつけたことありますがあれ、よかったのかな...)

 

終わりに

ここまで逆求人にでる時のコツを紹介してきましたがいかがでしたか?
高専プロコン/ jig.jpのインターンシップ/パソコン甲子園/数々のビジコンでせっかく得た経験を、伝えられないともったいない!!!
これから就活スタートする人も、まだまだな高専生もこれから素敵な企業に出会えますように..!

 

1日目の記事は福野さんの記事!

fukuno.jig.jp

3日目の記事も福野さんの記事!

fukuno.jig.jp